auひかりにしてみたが

  • 2017.03.08 Wednesday
  • 15:05

今月からインターネット接続をCATVからauひかりに切り換えた。長い間、テレビ、インターネット、固定電話をCATVからサービスを受けていたのだが、一昨年の12月にインターネットと固定電話のみのサービスに契約を変更した。契約変更に伴う工事?もあり、その時から我が家では地デジが受信できなくなった。

 

しかしながら、このインターネットと固定電話のみのサービスというものがこのCATV会社にとっては本当に稀なケースのようで会社のスタッフが充分に認識できていなかった。地デジ受信解約の直後にNHKの団体一括支払いがされてしまった。しかも、電話スタッフからの何のエクスキューズすらなく直接NHKと交渉するように言われた。何とかやりとりの末に支払額の一部を取り戻した。CATVもNHKも怖い。

 

このCATV会社には契約変更に伴う業務整理のフローが無いか、もしくは鼻っから地デジなしのサービスは網にかからないようになっているとしか思えない。しかし、サービスメニューの中にちゃんとこのサービスも載っているのである。さらに一年後、CATV会社の調査担当員?らしき人物が来訪して、TV周辺を散々にいじくり回して地デジが受信できないことを確認して、首を傾げながら帰っていった。???。

 

そして先月インターネットが時々接続エラーを起こすようになった。一時的なものかと思ったが収まらず反って頻度が増えていった。はじめはモデムの不良かと思ったが、それにしてはいつの間にか復帰するので変だと思った。事前にauひかりに変えても料金がほとんど変わらないことは調べてあったので、この機会に脱CATVしようと決心した。

 

先にauひかりの申し込みをして、後でCATV解約の電話をすると、電話スタッフは何とか解約を思いとどまらせようとあれやこれやの脅かし?の言葉を並べる。そしてこの時もまた、地デジの話を持ち出してきた。調査員がチェックしていった後にもかかわらず、CATV会社は未だにこちらの契約内容を認識できてはいないらしい。

 

解約まで残り二週間程度だったが、撤去工事が別途発生するということなので、接続エラーの対応を依頼することにした。電話をかけ直すと、この期に及んでまた、電話スタッフはまた地デジの話を持ち出してきた。結局、サービス担当に来てもらうことになったのだが、この時の電話スタッフの終わりの言葉に耳を疑った。もし、電源コンセントが抜けていた場合は有償になります。現状認識ゼロ、何をか言わんやである。この時、解約申し込みをして本当によかったと思った。

 

来訪したサービス担当はまともな青年だった。やはり端末の状況はモニターできるようで、モデムの過去の受信状況を示して、わが家のモデムの信号レベルが ”黄色” (不良)の状況であったことを説明してくれた。そして、てきぱきとケーブル引き込み部分の機器の交換とモデムに装着してあった二つの抵抗器のうち一つを外して帰っていった。この後接続エラーは起きなかった。

 

この後、終わりの支払い(一か月の利用料、撤去費用、電話移転費用)について紙ベースで領収書を出してほしいと電話で依頼すると、その場で回答できずに二度も通話保留にされ、何とか有償(50円/部)で送ってくれることになった。じぶんはそんなに変な依頼をしているとは思っていなかったのだが、電話スタッフ嬢の対応は焦っているふうで早口で落ち着きがなく、先方には何か特別な事情?があるようだ。それにしても疲れる。

 

さて、こんな事情で現在わが家のインターネットはauひかりで接続されている。しかし、これで万々歳かと言えば、こちらはこちらで色々と検討しなければならない案件がありそうだ。成り行きで、今、わが家はスマホ(iPhone×2、タブレット×1)、電気、そしてひかり(インターネット、固定電話)のサービスをauから受けることになった。

 

おまけにポイント還元に惹かれてau-WALLETまで使うようになっている。今さらながら思うのは、身の回りのネット環境の速い進化と複雑化である。気がつかぬ間にその中にどっぷりと浸かって(浸かされて)しまっている。しかしながら、じぶんの受給しているサービスの質と量が消費している時間と金額に見合っているのか否かと考えるとクエスチョンマークがつく。

 

脱地デジには慣れた。ネットから提供される各種映像の量の豊富さは驚愕的である。脱地デジでも ”映像ロス” はあり得ない。ウェブ上のビデオ・サイトも競争が激しく、映画、ドラマ、音楽、スポーツなどのコンテンツが安価に視聴できるようになった。初めはとてもラッキーなことと思ってはみたものの、現実にはさほど利用してはいない。

クラウド化は無条件に社会の進化と評価できるのか。auショップで店員の話を聞きながら、店員自身が自分の話の内容をどれだけ理解しているのだろうかと訝る。顧客側はなおさらである。今回のauひかりは3年契約である。この3年が正念場かと思う。3年後に身の回りのネット環境の整理が不可欠と思いながら、もしかしたら脱ネットもあり得るのだろうかと思いを廻らしている。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM