歴史を科学すること

  • 2016.11.25 Friday
  • 19:53

河合 敦監修『最新トピックで歴史を見直す日本史』(池田書店)

 

ワゴンセールで見つけた日本史の本を買った。日本史をもう一度学び直してみたいという気持ちがあって、つい手が出てしまった。本書は五名の担当が執筆したものを高校講師の河合 敦氏が監修したものである。縄文からバブル崩壊まで記されている。

 

読み始めて直ぐに中高生の頃の教科書を思い出した。歴史上の年号、人物、出来事がびっちりと書き記されている。三百ページほどの単行本に全日本史を詰め込むには仕様がない事のかもしれないが、昔の年号、人物、出来事も読み方が常用的ではないので正直閉口する。そして、これがずっと時系列に解説されていく。

 

高校を卒業して半世紀経つのだが、歴史の教科書の記述スタイルは不変(普遍?)なのかとしみじみ思う。しかし、これでは読み物としてはつらい。それじゃ意味がないのかと言えばそうでもない。初めから日本史上の年号、人物、出来事のリサーチの目的で読むには利用価値があるように思える。つまり、リファレンスのための「日本史辞書」として使うという方法がある。もっとも辞書を読むのが好きという人もいるというから、そのような人なら本書も一気読みできるのかもしれない。

 

そして、本書を読みながら感じたことは、やはり歴史も科学の範疇に属するのではないかということである。本書の中の表現も正に論理的なのである。ただ、その論理の証明が自然科学に比して非常に困難であるということであろう。日本人がよく識る「関ヶ原の戦い」は以下のように記されている。

 

 秀吉死後、家康は諸大名の婚姻・同盟を禁じた御掟を破って伊達氏、福島氏らと縁組みし、豊臣政権に揺さぶりをかけた。家康に反感を抱いていた光成は前田利家を担いで対抗しようとしたが、利家は慶長4年(1599)に病死。天下の声望は家康に集まっていく。

 翌年、家康は上杉景勝が上洛要請に応じず軍備を整えていることを口実に、上杉征伐の大軍を催して東下した。光成はこの隙に毛利輝元を盟主に、宇喜多秀家、小西行長、小早川秀秋、島津義弘ら西国大名を見方につけ、家康の罪を糾弾して挙兵した(西軍)。一方、この方を知った家康は下野小山で評定を開き、福島正則、池田輝政、黒田長政ら上杉征討軍をほぼすべて見方につけ西に向かわせた(東軍)。

 9月15日、10万4000の東軍と8万5000の西軍は、美濃関ヶ原で天下分け目の決戦に臨んだ(関ヶ原の戦い)。合戦は小早川秀秋の裏切りにより東軍が大勝した。

 

教科書にあるような懐かしい表現である。学校でこのように教われば疑問なくそう思い込んでしまうだろう。しかし、この歳になってこの解説を読んでみると、この文章にどれだけゆらぎ含まれているのだろうかという方向に思いが行ってしまう。疑ってかかれば全てが怪しく見える。

 

とは言え、年号と歴史的事象はかなりの高い確率で確証がとれるものと想像できる。しかしながら、歴史的人物の想いとか意志とかは想像の域を超えないように思われるのである。かつて世間では、歴史の年号と事象を記憶するのは意味がないと思われていた時もあったと記憶している。しかし今や、年号と事象が歴史の中で最も信頼のおける情報源ではないのかという気がする。

 

化学の世界に「周期表」というものがある。

 

もし歴史的事象の中に、これに似たような法則性が発見されたとしたら面白かろうと妄想してしまう。

 

 

 

 

 

今、「歴史を科学する」ことの意義を問い直してみることに意味があるのではないかと思うのである。そうすることにより、歴史書、歴史教科書の表現の仕方もまた自ずと変わってくるのではないかと想像する。ITの時代、ビッグデータを駆使した歴史の研究、学習方法が待たれる。

 


 

最新トピックで歴史を見直す日本史

池田書店(amazon

 

監修 河合 敦

1965年、東京都に生まれる。青山学院大学文学部史学科卒業。早稲田大学大学院博士課程単位取得満期退学(日本史専攻)。文教大学附属高校講師。難しい日本史をわかりやすく解説するのをモットーとしている。第17回郷土史研究賞優秀賞、第6回NTTトーク大賞優秀賞を受賞。著書に『マンガでわかる日本史』、『早わかり江戸時代』、『読めばすっきり!よくわかる天皇家の歴史』、『河合敦のぶらり大江戸時代劇散歩』など多数。

 

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM