都知事選が始まったが

  • 2016.07.16 Saturday
  • 15:38

都知事選がスタートした。ローカル在住なので選挙権はないのだが、やはり首都の知事となれば気にかかる。今回は21名の立候補者(NHK選挙情報)がいるというから凄い。しかしながら、やはり党推薦とその周囲の人物が有力候補者と言えるのだろう。

 

その中で気になる人物が野党推薦ジャーナリストのT氏である。大変申し訳ないのだが ”何をしたいのかサッパリ分からない人” なのである。立候補会見でのボケ振りが話題になっているが、 立候補の真の動機?を考えれば、参院選に出るべきではなかったのかと単純に思ってしまう。参院選の結果を憂いて都知事選に出るというのはどう考えても腑に落ちない。やはりウラを考えてしまう。

 

T氏はキャリア、そして外見からも善人?であることは万人が認めるところであろう。しかしながら、その言動が不可解に見えてしまうのは如何ともし難い。先の安保法制における委員会での意見供述では、「どうして(中国が)日本を攻めてくるんですか」と語って(居直って)いた。しかし、攻めるか否かはこちら側ではなく先方(例えば中国)の要件であろう。

 

かつて、じぶんが子どもの頃の田舎は鍵をかけない家が多かった。先輩T氏の子どもの頃もそうであったろう。しかし、今そんな生活は考えられない。ローカル在住だが、今、夜に鍵をかけないで寝る度胸はない。残念なことだが、やはり変な人が増えているように思うからである。用心に越したことはない。基本的に、安全保障問題も同様なのではないか。

 

安全保障に関わることをこちらの一方的な願望で整理しても始まらない。こちらの願い通りになるように画策/努力することは意味あることではあるが、それを大前提に国の組織、法制を構えてしまうのはやはり問題だろう。アンチ政権であることは諾としても、そうであれば一般の人々が理解しやすい対案を提示すべきではないか。

 

そういう意味で、いわゆる「左」側の視座からのイメージが伝わり難いというのは大変残念なことである。それにしても、都知事選において安保(憲法)問題は二の次三の次の案件ではないのかと思えるのだが・・・。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM