めげない人

  • 2016.06.14 Tuesday
  • 12:00
今日の午前中は舛添都知事を取り上げているTV番組を不本意ながら見てしまった。ずっと舛添氏の頑固さと、めげなさにある意味感心していたのだが、ここまでくるともはや呆れるしかない。しかし不思議なのは、報道では政治資金規正法に抵触するか否かばかりが取りざたされていることである。

政治資金法はザル法であるとは聞いてはいたがその意味がよく分からなかった。でもこの案件で多少理解することができた。 政治資金規正法は入ってくる方に対しては厳しく規制しているが出る方がザルということ。基本的に何にでも使えるものらしい。だから本人は専門家の意見を聞くと言いながら強気な態度だったのだろう。

しかし、この案件でじぶんが許せなかったのは、法律に抵触するか否かではなく本人の厚顔無恥な姿勢だ。こういう人に都知事であってほしくないというのが素直な気持ちなのである。おそらく多くの都民、国民も似たような感覚ではなかろうか。法律に触れようが触れまいが、平気で政治資金を家族旅行等に流用したり、税金を無駄遣いする心根が許せないのである。

過去に遡ると本当に法律に抵触する案件もありそうな気配もあるのだが、それよりも同じ団塊世代として恥ずかしく、さっさと辞めてほしいと思ってしまう。しかしながら、やはり問いただすべきは問いたださなければならないのだろう。

一時は首相になって欲しい政治家のナンバーワンに選ばれたことのある人物である。裏切られたという感が強い。でもこういうのは突然に始まったものではないだろうという気がする。根っこからそうなのだろう。リオ五輪まで不信任決議を待って欲しいとの答弁は議員の失笑をかっていたが、その本意が理解できない。

議長の辞職説得をも拒否したようだが、引き攣った顔は見苦しいとしか言いようがない。ともかく政治家は一刻も早く卒業してほしい。他にも生きる道はいろいろあるはずだ。

今回はちょっと悪意を含む投稿になってしまった。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM