トランプ旋風の行方

  • 2016.04.26 Tuesday
  • 14:58
日本でも話題になっている米大統領選の予備選挙だが歴史的?な結果になりそうだ。その台風の目は共和党のトランプ氏だ。米国大統領選挙の制度自体に詳しくないのでなお不思議な感覚に襲われるのだが、もしトランプ氏が共和党の代表に選ばれたとしたらと考えると 、たとえそれがエキセントリックなものであったとしても、 アメリカという国のパワーというものを感じる。一方で、これはアメリカ崩壊の始まりだと言う人もいる。

しかし、youtube で見つけた映像に驚いた。ヒコーキ好きなのでこういう映像に目が行ってしまう。トランプ氏のプライベイト・ジェットが紹介されているのだが、タイトルが Donald Trump's Private Air Force One Plane というもの。Air Force One は米国大統領専用機の名称なのでそれを捩ったタイトルを付けたのかもしれない。機体はボーイング757なのだが室内の豪華さと共にその本格的な運用体制に驚く。



昨今落ちぶれたと囁かれるようになったがまだまだアメリカの底力を感じさせる映像だ。ことヒコーキとなると全ての面で日本とアメリカと差は歴然だ。戦後日本はヒコーキの開発製造を規制されてきたのだが、今後この差をどこまで縮めることができるのだろうか。特に民間レベルの中で占めるヒコーキの役割について考えると永遠に縮まらないのではと思ってしまう。

軍用面は言うまでもなくアメリカの民間・市民レベルのヒコーキとの関わりは圧倒的である。それは日常生活から趣味にまで広く浸透している。国土面積も大きく影響しているのかもしれないが、日本ではじぶんが少年の頃からさほど進展しているとは思えない。個人的には残念なことのだが、この国はヒコーキをあまり必要としない文化なのかもしれない。

さてこの映像の中に出てくるトランプ氏なのだが、昨今報道される遊説中のトランプ氏とは全く表情が異なり穏やかだが理知的?なビジネスマンという趣がある。話している内容は英語なので理解できないのだが、こっちの方が普段のトランプ氏なのではないのかという雰囲気を感じさせる。

どちらにしても、このビデオは日本とアメリカの社会経済の規模と質の違いを考えさせてくれる。仮に日本がアメリカの規模に近いGDPを達成したとしても随分と趣の異なる文化の社会になるのではないかと想像する。また、そうあるべきだとも考える。さりながら、アメリカはなお興味深い文化を持つ国であることに間違いない。11月の大統領選挙は注目である。日本としてはトランプ大統領という筋書きも念頭におかなければならないのだろう。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM