言語ゲームって ?

  • 2013.07.14 Sunday
  • 15:02
じぶんが、人間のあらゆる活動に「言語」が関わっているのではないか、と考え始めていた時に出会ったのが社会学者 橋爪大三郎著の『はじめての言語ゲーム』である。哲学者ヴィトゲンシュタインが「言語ゲーム」という概念を提唱した。本書にはそのことが記述されているのだが、二度読んで若干概要が理解できてきたかなという感じだ。
関連:今、健康を問えば (2013/06/12)

はじめての言語ゲーム講談社現代新書:amazon
2009年7月20日第1刷発行

著者 橋爪大三郎氏 プロフィール
1948年、神奈川県に生
まれる。1977年、東京大学大学院社会学研究課博士課程単位取得退学。1995年、東京工業大学教授。社会学者。著書に『はじめての構造主義』『「心」
はあるのか』『言語ゲームと社会理論』『仏教の言説戦略』『言語派社会学の原理』『社会の不思議』『裁判員の教科書』など。

さて、ヴィトゲンシュタインには1922年出版の『論理哲学論考』と1953年に遺稿として出版された『哲学探究』があり、それぞれ『論考』『探求』と称されて愛読(?)されている。「言語ゲーム」は『探求』の中に記述されている概念らしいが、ヴィトゲンシュタインの哲学的論考はさて置いて、「言語ゲーム」の考え方はとても魅力的である。

「言語ゲーム」とは ”ルールに従った人々のふるまい” と定義される。もっともプリミティブな「言語ゲーム」としては”言葉”がある。人は、すでに”言葉”が行き交う社会の中に誕生する。そして、特に習うわけでもなく”言葉”のルールを習得していく。しかし、なぜ”言葉”のルールを理解できるのかは説明できない。後に文法などを習うことになるが所詮後付である。そもそも、初めに”言葉”がなければ文法を理解することができない。

”言葉”の「言語ゲーム」を皮切りに、人びとは社会の中にひしめく無数の「言語ゲーム」のプレーヤーを演じていく。「言語ゲーム」のルールは記述、無記述を問わない。家庭に、地域に、学校に、企業に、学問に、スポーツに、あらゆる処に「言語ゲーム」は創成される。世界の始まりに、初めの一人に「言語ゲーム」は成り立つか。ある宗教では、神と初めの一人との間に既に「言語ゲーム」が成立していた。

さて、未来に人間不在のロボットだけの世界を考えた場合、「言語ゲーム」は成り立つのだろうか。じぶんは充分成立するであろうと思っているのだが、当面、人間有りきで考えて問題はなさそうだ。

まあ、こんなふうに「言語ゲーム」を我流で切ってはみたが、まだ原著に目を通しておらず、まだその見通しも立たず。著者の橋爪氏はブィトゲンシュタインの書の難解さを聖書に喩えている。ならば、著者のおかげで「言語ゲーム」に出会えたのであり、著者を導師と考えるのが道理かもしれない。

著者は、本書で「言語ゲーム」の大きな大きな可能性を説いている。そんな哲学的思考で何が変わるか。おそらくこれが一般的な反応に違いない。しかし、それは間違いであろう。最もベーシックな部分の継続的変化が、最終的に最も表面的な全体に大きな変化をもたらす。じぶんは著者の説に賭けたいと思う。

著者は、ブィトゲンシュタインは意味や価値が生まれる土台としての「言語ゲーム」を発見し、その研究課題を我々に残してくれたと語る。

 どんな価値も意味も永遠不変のものではない。それは人々の「ふるまいの一致」によって支えられているだけである。そして、「ふるまいの一致」はなにものによっても支えられてはいない。ゆえに。どんな「言語ゲーム」からも、いつかは抜け出すことができる。どんな「言語ゲーム」もだんだん別の「言語ゲーム」に変えていくことができる。

上の記述は、著者のみならずブィトゲンシュタイン本人の"願い"なのかもしれない。じぶんは、この「言語ゲーム」の視座が、世界が抱える政治、経済、外交、食糧、エネルギーなどの問題に、ある道すじを付けてくれるかもしれないと期待するのである。

人は自分が思うほど己れを知らない。そこで、自分がどんな「言語ゲーム」に属しているかを確かめてみることに意味がある。政治も外交も、所詮は人がなすこと、戦争を起こすのも抑止するのも人なのである。

どんな世界を望むか、それは我々次第である。我々が直面する多くの社会的問題は「言語ゲーム」として捉えることができる。サッカーをプレイしたければそのルールに従わなければならない。しかし、そのルールも変更可能であり、望めば止めることも出来る。

まず、この事実を知ることから始めよう。この地球上には、異なった価値や意味を支える人々が生きている。共存は可能か。「言語ゲーム」はそうした現代の課題を考えるのに役に立つ。問題は解決できることを信じ、ただ、人類が致命的な過ちを犯す前に、覚りが間に合うことを祈るしかない。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM