オリンピックが始まった !

  • 2012.07.29 Sunday
  • 11:29
スポーツの祭典(?)オリンピックが始まった。 いつの頃だろうか、少し離れた処から見るようになったのは。先日、ラジオでオリンピックを  ” 絵はすばらしいのだが額縁がお粗末な絵画 ”  に例えている人物がいたが、上手いことを言うもんだと思った。確かに、演じられている或いは競われているプレイそのものは面白いものだが、この周辺環境は時代と共に怪しく素直に見がたいものになってきている。

古代オリンピックの時から宗教性、政治性を持つ祭典だったようだが、近代オリンピック(wikipedia)と言えば、その特オリンピック徴的な属性としてスポーツ性(ゲーム性・身体性)、政治性、経済性、社会性などが挙げられると思う。そもそも、初めから 「平和の祭典」 という理念からは ”遠い” とは言わないが、決して ”近い” 存在ではなかったのではないか。

特に、最近のオリンピックは ”スポーツの祭典” という表向きのキャッチは置くとして、「政治・経済主導の祭典」 と言ったら 「ピュアなスポーツ精神を踏みにじるものだ」 と関係各位のひんしゅくを買うだろうか。

しかし、離れた処から見ているじぶんだが、やはり日本人選手のプレイには一喜一憂し、深く刻まれた愛国心(?)には我ながら驚く。さらに、TVのバラエティ番組の報道パターンには、毎度のことながら呆れを通りこして感心する。毎度毎度、日本人選手の報道ばっかりで、しかも、メダルだ、金だ、銀だ、銅だと思わず「貴金属屋」かと思ってしまうほどだ。もう少し、 ”スポーツの素晴らしさ(ゲーム性・身体性)” を表現するような演出はできないものか。

個人的にはスポーツの ”ゲーム性” より ”身体性” に強い関心があるので、観ていて面白いと思うのは、日本人が出ているいないに関わらず陸上競技である。現代のスポーツは ”ゲーム性” の方が強くアピールされている存在だと思うのだが、出来ればより ”身体性” の傾向が強まればいいなと思っている。角界で時折話題になる ”相撲はスポーツか” という問題も、”ゲーム性” と ”身体性” のバランスの問題なのだろう。”柔道” と ”JUDO” の違いも同じかもしれない。

しかしながら、オリンピックは ”ゲーム性” を希薄にしてしまったら成立しないと思われるので、オリンピックとは異なる文化としての別の ”祭典” が必要になるのかもしれない。実現は難しいだろうが・・・。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM