危機意識の有り様について

  • 2017.04.24 Monday
  • 21:10

東日本大震災の福島原発事故から6年が経った。あの時、政府からの情報は危機的状況にはないというものだったが、そのまま信用できるかどうかは不明確だったので、最悪のケースの場合、関東エリアも避難区域になる恐れがあるのではと思っていた。そして、じぶんの年齢を考えて、先ずは息子たちの家族の非難ということが頭を過ぎった。

 

当時は、放射能による被害は地震、津波と違って急激的なものではなく緩慢なものだろうと考え、家の通風口にフィルター、マスク、メガネなどの対処である程度の時間稼ぎができるのではと思っていたのだから、本当に危機意識があったのかとなると疑問だ。また当初から、非難区域では農産物どころか普通の生活が出来なくなるだろうから、ソーラー発電とか無人ロボット化工場でやっていくしかないのではないか、というようなイメージが想起されていた。

 

こんな話は、当時も今も、家族も含めて他人と話をしたことがない。近所の住人、会社の同僚たちは本当はどうだったのだろうかと今でも思う。このことは国として総括しておいた方がよいのではと思うのだが、果たして現状はどうなのだろうか。先の戦争の総括さえ出来ていないことを考えると期待薄なのかもしれない。

 

この列島は地震、台風、火山と自然災害のデパートの状況を呈している。さらに最近はゲリラ豪雨、竜巻とかレパートリーも増えている。この国の人々は、東日本大震災、熊本地震を見ても、災害を坦々?と受け入れてしまうという印象がある。このことはある時は称賛の対象にもなるが、適切な危機意識の有り様を考えると反省すべき事象であるのかもしれない。

 

一方、現在の北朝鮮を取り巻く東アジア情勢は戦後最大と言っていいほどの状況ではないかと思われる。しかしながら、そんな状況の中で国会とマスメディアは森友学園問題に明け暮れ、さすがに最近はそれにも飽きて国際情勢に目を向けるようになってきたようだが。それでも今度は反動のせいか、外交、安保等を乗り越えてミサイル防衛の可否、敵地攻撃の是非へと一気に話題が飛ぶ。

 

いま原子力空母カールビンソン北上中、場合によっては今月中に一触即発の状態に、未だにマスメディアの乗りは森友学園問題と同じだ。本当の危機意識が動機となって番組作りがなされているのかとなると甚だ疑問に思う。もし本当に、故意か事故かは別として、本土にミサイルが着弾して大きな被害を被ったとき、やはりこの国の人々は坦々とそれを受け入れてしまうのだろうか。あるいは何か別の精神が覚醒することになるのだろうか。

 

そこまで行かなくとも、もし周辺の戦闘に巻き込まれて自衛隊員が戦死するような状況があったとき、我々はそれにどう反応するのだろうか。じぶんが未だ若いころ、未だ平和にボケていられたころに、こんなことを考えてみたことがあった。とても言葉にしにくいのだが、この国に本当に危機意識が芽生えるには人身御供が必要となるのかもしれないと思った。どのような防衛力を必要とするのかというような話は次のステップになるのだろう。

 

原発事故は未だ終焉していない、ほとんどの国民の関心からは遠ざかってしまったが。この国の人々は、自然災害に比べると紛争等に対しては不慣れである。しかし今、適切な危機意識を考え、身につけなければならない時期が来ているのかもしれない。

想定外?の地震

  • 2016.04.18 Monday
  • 21:39
あの3.11の東日本大震災から5年が経った。と言うより未だ5年なのに九州で大きな熊本地震が起きた。4月14日の夜に震度7(M6.5)の地震が起きたとの報道を聞いた時、その震度の大きさと震源に驚いた。今まで地震に関するニュースなどほとんど聞いたこのないエリアだったからである。震災は忘れる前にやってきた。

翌朝、ニュースで熊本城の被害など詳細が分かってきた。震度7なので予想はできたが、震源地の益城町では人的被害が出ていることが報道された。震度5を超える余震が続いた。報道では体感できる余震の異様に多いことが強調された。

この地震の異常さは16日未明の震度6強(M7.3)の地震で湧出した。14日の震度7の地震は前震でこの地震が本震であると報道された。???聞いたことがない。子の後異常な頻度の余震が続いていく。このエリアは二つの活断層が入り組み、大分から豊後水道を渡って四国にまでつながっていることが分かってきた(中央構造線)。

余震?は大分県側へ移り、さらに最初の震源地から南の方にも移動する傾向も見られるという。???聞いたことがない。内陸が震源の場合、ほとんどのケースでは震源の周囲に限定されたエリアでの地震活動だったという認識がある。しかし、この地震のケースではどんどんと他に転移していくような構図に見える。

初めはこの地震の起きたエリアに気を引かれたが、段々その形態の異常さに注目するようになってきている。東日本大震災は本当に衝撃的だった。今回もまた想定外だったというようなことにならないようにと願っている。

大飯原発再稼働の準備は進んでいるが

  • 2012.06.21 Thursday
  • 20:26
再稼働の準備が進む関西電力大飯原発。政界、専門家、マスコミを含め、世間は賛否両論が侃々諤々の状況だ。そんな中、東京電力は20日、福島第1原発事故の社内調査委員会の最終報告書を発表した。事故原因を「想定した高さを上回る津波の発生」と分析し、「最新知見を踏まえた対策を実施してきたが、結果的に甘さがあった」 との報告となっているが、地震による損傷については曖昧なままとなっている。

先月26日、細野豪志内閣府特命担当大臣が福島県の福島第一原子力発電所4号機を視察、マスコミも同行取材を行った。国民も初めて4号機の 「核燃料プール」 の状況を見ることができた。唖然とする映像だった。事故直後、この 「核燃料プール」 が非常に危険な状態にあったことが併せて報道されたが、報道するマスコミ側も情報を受取る一般市民にも ”緊張感” が欠如しているように思われた。



”首都圏3000万人が避難対象になる” ということに対するリアリティがなさ過ぎる。あまりにも想像を超える事象に、映画かドラマの話であるかのように心理的合理化をしてしまったのではないか。当時、政府による 「ただちに健康に害を及ぼすものではない」 の発表しかない中、じぶんは ”強度の花粉症対策” 程度 −マスク、メガネ− のことぐらいしか頭に浮かばなかったが、今でも、このことを考えると頭が混乱する。

前回の投稿で取り上げた小沢一郎夫人の私信では、内々の情報により16日に東京脱出を準備・実行したとあるが、一体どんな内々情報だったのか。何も知らされてはいないが、国会議員が逃げだすぐらいだからよほど危機的状況だったのだろう。

東海・東南海・南海の3連動地震、首都圏直下型地震、さらに3.11地震の余震も危惧される中、原発再稼働、東京オリンピック招致等の準備がなされている。これも ”経済最優先施策” によるのだろうか。地震に対応する自信はあるのだろうか。

原発を再稼働する、しないに関わらず、使用済み核燃料を冷却し続けなければならない現実は避けられない。さらに、福島原発4号機の耐震補強を行ったとあるが、他の原子炉も含め冷却システム全般まで保証するものかどうかは疑わしい。

どちらにしても、国民には ”それ相応の覚悟” が強いられる。脳科学者 茂木健一郎氏が、ツイッターで「AKB48に学ぼう。そろそろ日本も本気だそう」 とつぶやいたとか。真偽のほどは分からないが、AKBが範となるかどうかは別として、そろそろ本気を出そうは共感できる。

「安全」か「経済」かの二者択一ではない。「経済」に「安全」を組み込むぐらいの策が必要ではないか。国の持てる資源と英知を結集して取り組むべき課題だと思う。オリンピック招致も予想される震災に対応できる都市創りを目指すのであれば意味のあるプロジェクトとなろう。

我々は3.11震災、福島原発事故からの ”学び” を止めてはならない。この ”学び” を中途半端で終わらすと将来に禍根を残すことになる。来年は伊勢神宮遷宮の年らしいが、本邦も、もう一度作り直すぐらいの気力・体力・知力を要する ”事業” になる。

汚染水漏れ

  • 2012.04.06 Friday
  • 14:31
5日未明、福島第一原発で、放射性セシウムなどを取り除いたあとの汚染水をためているタンクにつながる配管から、高濃度の放射性ストロンチウムを含む汚染水、およそ12トンが漏れているのが見つかったとの報道があった。これを受け、今朝のTBSラジオで司会とゲストコメンテーターが 「困りましたね」 と笑いながら話していた。”苦笑” を演じてみたのかもしれないが無意味な表現だと思った。

慣らされてしまったと思う。危機意識の欠如は国民一人ひとりの問題だ。個人的にも、一年前に比べると随分と ”胸騒ぎ感”が薄れてきている。最近メディアでは「都直下型地震」、「南海トラフ地震」とかの巨大地震の予言報道が頻繁に報道されているが、これも報道側の本当の意図がどこにあるのか。単に”面白ネタ”で捉えられているのではないかと心配になる。

福島原発の汚染洩れ事故は何度目か。原子力安全・保安院は東京電力を厳重注意するとともに、汚染水を処理する配管の接合部分を総点検し、外れにくい材質の配管に交換するなど、速やかに原因究明と再発防止に当たるよう指示したとあるが、指導する側もされる側も危機意識を再認識してもらいたい。

新しい巨大地震を待つまでもなく、東日本大地震の大きな余震が発生した場合でも福島原発が再び危機に見舞われる可能性はゼロではない。しかし、世間ではそんなことはもう遠い話になってしまった感がある。そして、マスコミはまた新しい別の危機を煽り立てる。

古河公園 桃の花例年より2週間ほど遅かったが桃の花もきれに咲き始めた。来年もまたこの花が見れるように安全な国土であってほしいものだ。それには、本気で願う心が必要というものだろう。いま、自分の心を占めているものは何か。政治家の先生のみならず一人ひとり自問自答してみるのが良い。

日本人の心というものを考えると ”滅びの美学” のようなものが奥底に眠っているのではと想うときがある。桜のように潔く散るとか、先の戦争での神風特攻、さらに玉砕した戦地があり一億玉砕も囁かれていたというが、何をか言わんやである。

何のために戦争をしているのかさえ分からなくなってしまう国民である。このことと希薄な危機意識が関係あるのかどうか分からないが気にかかる。少なくとも、いま福島で起きている事故の対処については ”潔ぎよさ” ではなく ”粘り強さ” だろう。この ”粘り強さ” も日本人の持つ特質の一つであると信じたい。
 

ジャーナリストへのエールとして

  • 2012.02.26 Sunday
  • 20:40
オンザウェイジャーナル「オンザウェイジャーナル スペシャルエディション」で2回にわたり、福島原発事故の”今”について報道(?)している二人がいる。よしもと所属の夫婦漫才「おしどり」である。この二人のことを知ったのは、同じオンザウェイジャーナルでコラムを担当していたジャーナリスト 上杉隆(※1)氏の放送によってである。

プロのジャーナリスト以上の熱心さで福島原発事故の取材をしているお笑い芸人がいる。初めてそれを知ったときは、正直それがどういうことなのか、よく分からなかった。上杉隆氏のゲストとして放送に出演したときに初めて、ジャーナリスト以上の取材をしている「おしどり」の二人を知った。

おしどり原発事故後の記者会見等で、本当にジャーナリストとしての仕事をしていたのは、大手マスメディアの記者ではなく、フリーのジャーナリストだったようだ。「おしどり」はフリーのジャーナリストですらない。お笑い芸人である。ただ、相方の女性”マコちゃん”が鳥取大学医学部生命科学科中退という経歴の持ち主であったとうことが幸い(?)した。事故後、マスメディアの報道が”本当のことを言っていない”ことを不思議に思い、自ら事実の把握に動き出したという。


放送では、「おしどり」と政府、東電担当者のやりとりが紹介されているのだが、それは実に摩訶不思議な内容である。政府、東電側の後手後手の対応が意図的なものか、当然のものなのかは分からないが、表向きは全く不適切な言動が続いた。事故後、この国の組織はなぜ機能しなかったのだろう。今なお不安定な自然環境、社会環境を考えると不安になる。

「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム」(SPEEDI(スピーディ))の情報が全く公開されず、住民の避難に生かされなかった。ましてや、事故直後に周辺住民がどれだけの内部被曝にさらされたのかは、いまだに評価されないままになっている。最も大量にばらまかれたはずのヨウ素131は半減期が8日と短いために、何ヶ月も経ってからではどんな測定にもひっかからない。

アメリカのNNSA(アメリカ国家核安全保障局)が 3/15から5/末までに、東北関東エリアで調査した膨大なデータを公開しているという。この件についても、「おしどり」が記者会見で政府関係者に問いただしたところ、その事は知らないと答えたとある。これもその是非は不明だが、本当に知らなかったのではないか、今、じぶんはそう思っている。考えたくはないが、我々が思っているほどこの国は ”国の体(てい)” を成していないのかもしれない。
参照(NNSAデータ) : http://xryoskx.web.fc2.com/nnsa/field_sample_air_results.html

しかし、これは我々一人ひとりの問題でもある。今、福島県では住民同士の確執が始まっている、と「おしどり」が言う。原発事故に伴って、県外避難した者と残った者との確執である。残った側からすれば、避難した側は ”逃げた”、”捨てた” という見方になるらしい。そんな次元の問題ではないだろうと思うのだが、一個人になったときの人間は本当に弱い。

だからこそ、国の、組織の力が大切なのだということになるのだろうが、現状は見てきた通りである。しかし、ここまでくると、ただ政府の批判ばかりしていても何も始まらないという気がしてくる。議員を選んだのは国民である。責任の一端は国民側にある。官僚は選べないので、国民の監視の目と国会の法改正による改革に期待するしかない。兵は優秀だが幹部が無能とは、先の戦争においての評価だが、これは現代においてもまだ続いているのだろうか。

こんな状況の中、やはり、ジャーナリズムへの期待大きい。政府等の監視、事実の報道はマスメディアの責務だと思うのだが、今、これも機能していないと言わざるをえない。寄らば大樹で、後追い報道と弱い者いじめばかりでは情けない。現在、「おしどり」は自由報道協会(※2)の理事も務めているという。プロのジャーナリストたちの奮起に期待したい。

☆オンザウェイジャーナル 「オンザウェイジャーナル スペシャルエディション」
2012.02.02放送 「ジャーナリスト以上に現場取材にこだわる「おしどり」が“今”の福島についてお話をします」
2012.02.09放送 「ジャーナリスト以上に現場取材にこだわる「おしどり」が“今”の福島についてお話をします 02」


※1 上杉隆 − オフィシャルwebサイト
※2 自由報道協会 − url : http://fpaj.jp/

炉心溶融寸前だった? 福島第二原発

  • 2012.02.09 Thursday
  • 20:07
今朝の新聞に、福島第二原子力発電所もメルトダウンと「紙一重だった」との記事が載る。「第二原発、 おまえもか」という感じだが、何で今頃になっての報道なのかと疑う。今さらながら、3.11からの数日間、この国は非常に危険な状態にあったことが理解できる。

もし、第一原発に続き第二原発もメルトダウン事故を起こしていたらと、想像するだけでゾッとする。あの時、諸外国の対応を過剰反応と評するメディアもあったが、外国の対応の仕方の方が適正だったということになる。今日のニュース、世間ではあまり話題になっていない。知らぬが仏ということか。

さらに、政府の地震調査委員会は、発生が懸念される首都直下型地震について、「東日本大震災で地震活動が活発化し、起きやすくなっている」との見解を示す一方、発生確率については評価困難としている。また、南関東でマグニチュード(M)7程度の地震が30年以内に発生する確率は従来の70%を据えおき、東大地震研究所の平田直教授が試算した「4年以内に70%」の予測手法については、計算方法によって結果が大きく変わるため、精度が不十分だとして採用を見送った。

何が本当やら。この国の危機管理がどうなっているのか、本当に心配だ。
震災も、原発事故もまだ片付いてはいない。
今一度、気を引き締める必要がありそうだ。

冷温停止宣言

  • 2011.12.17 Saturday
  • 18:05
野田首相が、福島第一原発原子炉が「冷温停止状態」を達成したと宣言したが、正直なところ疑問符がつく。これは、事故発生時からの政府の対応を考えればやむを得ない。今は新聞の論評も懐疑的だが、当初のマスコミなどのだらしなさを思うと、今更という気がしないでもない。

今朝の読売新聞に、科学部長という人の 『緊急事態 続いている』 という記事が載っているのだが、その中で 「 原子炉が危機的状況に陥った3月15日、作業員の多くが現場から待避したときには私も"暴走は止められないかも。東日本は人の住めない土地になるのか"と覚悟した 』と書いているのだが、そんなことを今頃告白されても困る。

政府も東電もマスコミも機能不全に陥ったというのが事実なのだろう。 それが今は一段落して −そうは思えないのだが− 少し頭の中が整理されてきたということか。しかし、今になって当時の状況を整理すれば ”合理化” の作用も働くだろうから、そんな思考プロセスを経た発表もまた疑わしい。

公式発表も信じられないとなれば、ネット上を行き交う情報なども参考にしたくなる。内容は ”玉石混淆” だろうが "玉" を失うリスクは大きい。以下に参考URL、信じるか否かは各自の判断による。

池田整治 公式ホームページ http://ikedaseiji.info/
秋田の市民新聞【あおぽ】五井野正博士の寄稿 http://www.aopo.net/genpatu/genpatu-top.htm

福島原発1号機の燃料のすべてが落下?

  • 2011.12.01 Thursday
  • 21:07
今日の読売新聞の一面に、「福島第一1号機全燃料、容器床に落下か」の記事が載る。 1号機では、最悪の場合、約68トンの核燃料すべてが溶けて圧力容器を突き抜け、格納容器の床まで落下し、堆積している恐れがあり、2号機では燃料の最大57%、3号機は63%が落下している可能性があるという。

しかし、これは東京電力の発表内容だ。東京電力以外にエネルギー総合工学研究所と原子力安全基盤機構も独自に調査しているというが、結果に食い違いがあり今後も検証が必要だとある。東電の発表はこれまでのことを考えると、そのまま鵜呑みにはできない。さて、一体に何が真実に近いのか。国には最悪のケースを想定した準備、対策を講じてもらいたい。

我々は、もう一度、福島の原発事故の記憶をリフレッシュする必要があると思う。”未だ終わってはいない” ということを認識すべきである。11月26日の夕刊には 「米、34年ぶり原発着工へ」 という記事が載り、東芝が12月上旬にもタービン周辺機器を米国向けに輸出することが明らかになったとある。”事故と経済は別もの、背に腹は代えられぬ” という考え方も分からぬではないが、忘れやすいという国民性が気にかかる。

単純な脱原発論では片がつかないというのも分かる。不足する電力を何で補うかという課題も重要だが、それよりも問題なのは「使用済み核燃料」の処理だろう。仮に、今すぐ全原発停止を決定したとしても、「使用中の燃料」、「使用済みの核燃料」の処理という難問は残る。今なお、原子炉のみならず、原子炉建屋内プールで冷却中の核燃料の危険性が危惧されている。
(参照 : 2011.10.30 Sunday 投稿記事

原発は運用を停止したあとも、燃料の処理、施設解体には何十年という年数を要する。しかも、その間も事故が起きる可能性がある。単に”反対”、”賛成”で済むはなしではないだろう。
今一番大事なことは、”事故を忘れないこと” そして ”原子力を学ぶこと” を続けることではないだろうか。

福島原発事故が開けた「パンドラの箱」

  • 2011.10.30 Sunday
  • 14:58
10月14日(金)、田坂広志(※)氏が 日本記者クラブで行った講演を行った。田坂広志氏と言えば個人的には 『複雑系の経営』 (wiikipedia) の著者として知っていたのだが、原子力工学が専門で菅内閣の内閣官房参与として福島原発事故対応に尽力されていたことは不勉強で知らなかった。

政府内部から原発事故を見ていた人物の見解ということで、興味深く視聴したが、内容はショッキングなものである。3月末時点で、なお、首都圏3000万人の避難が必要とされる事態が想定されていたというのは驚きと同時に「やっぱり」という思いがある。

今、政界、財界のみならず日本全体に”一段落した”というような雰囲気があることについて、田坂氏は危惧の念を抱いている。その中で、今一番の心配は使用済み核燃料、特に4号炉のプールの使用済み核燃料であるという。プールの使用済み核燃料は炉内の核燃料よりもある意味恐い存在になる。冷却水を失うと何も格納するものがなく裸同然となり対処のしようがない状態になってしまう。

直接講演内容を確認していただきたいが、福島原発はまだ”一段落”などという状況ではないことが分かる。まだまだ問題はこれからなのである。”百年の計”という表現があるが、事は”万年の計”を突きつけているのかもしれない。




※ 田坂広志 − 公式ブログのプロフィール参照。http://www.hiroshitasaka.jp/profile/

不思議な思考

  • 2011.09.22 Thursday
  • 20:29
孫娘が入院している小児病院に面会に行ったのだが、受付の拒否にあい面会ができなかった。
その理由が不可解なもの。感染症を防ぐため「付添」と「両親」にかぎり病室に入れるとの説明なのだが、とても医療機関の関係者の発する言葉とは思えない。

そもそも、感染症を防ぐには消毒などを行うための衛生用品とか除染機器・設備によるしかないと思うのだが、患者の両親が安心で一般の面会人が不安というのはどういう根拠によるものなか理解不可能だ。まして、「付添」という役割があれば無条件で入室できるというのは摩訶不思議としか言えない。

またまた、現代日本のサービス機関(民間公共を問わず)の<不思議な思考>に出くわすことになってしまった。前に、車のディーラー、携帯電話のサービス店の不思議言動を取り上げたことがあったが、今日の体験でさらにこの国の将来に不安を感じてしまう。

いつからこんなおかしな思考の国になったのだろう。前からそうだったが気がつかなかっただけなのか。一事が万事ということもないだろうが、この<不可思議な思考>がこのたびの原発事故の誘因になっているだと思わざるをえない。原発を開発、建設、稼働させてきた根拠は何だったのか。いずれ、世間では理解しがたい論理が働いていたに違いない。その一例として、絶対に事故が起きないということが前提になっていたということなどは全く想像を越える。

しかも、この<不思議な思考>は今なお継続しているのである。政府とマスコミは福島原発の各炉が順調に”冷温停止状態”に向かっていると報道しているが、果たしてこの報道は鵜呑みにできるのか。『オンザウェイジャーナル 神保哲生のワールド・レポート』(2011.9.13放送) は政府発表の欺瞞(?)について触れている。

福島第一原発事故から6ヶ月。温度計、水位計を設置できて原子炉の状況が把握できているのは1号炉のみで、2号炉、3号炉は放射能濃度が高く作業員が作業が出来ないため測定機器が設置できず状態がつかめていない状況にあるという。

その1号炉も冷却水の水位が測定不能で、圧力容器の温度が100度以下ということは、燃料はメルトダウンのあと、格納容器をもスルーして地中にあるのではないかという考えが専門家の見方だという。もし、そうだとすれば、燃料の入っていない原子炉が冷温停止状態にあるというのは理屈がおかしい。さらに、2号炉、3号炉については、1号炉の状態から類推するしかない状況ということになる。

まだまだ、原発事故は予断を許さない状況にあると考えるべきと思うのだが、政府もマスコミもすでに事故は収束に向かっていると発表しているのは、やはり<不思議な思考>としか思えない。危機の状況にあって適正な思考ができない、あるいはそれを避けるという性癖は国民性なのだろうか。

同じ人間でも「付添」という役割に変えれば感染症の心配がないなどという<不思議な思考>が存在するこの国では、ネーミングや言葉の遊びによる ”放射能対策” が堂々とまかり通ってしまう恐れが十分にある。言霊という概念を完全否定する気はないが、それは”次元”とか”階層”が異なる話だろう。細菌とか放射能は、先ず物理的概念による対応がなされるべきものである。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM